menu
閉じる
  1. 皆様のご協力により発見されました (岐阜県 キャリートラック)
  2. BH5 レガシィツーリングワゴン発見
  3. 皆様のご協力で発見されました (大阪府 ロードスター)
  4. 皆様のご協力で発見されました (東京都 インプレッサ GC8)
  5. 2017年11月4日に茨城県にて盗難された80スープラ発見
  6. 皆様のご協力により発見されました(大阪 rx-7)
  7. 皆様のご協力により発見されました(山形県エスティマハイブリッド)
  8. 皆様のご協力で発見されました (東京都 マツダRX7)
  9. 皆様のご協力で発見されました!(千葉県 エボ7)
  10. ホンダ グレイス 発見
閉じる
閉じる
  1. 盗難車が起こした事故「盗まれた人にも賠償責任?」 裁判所の判断分かれる…
  2. メーカー純正のセキュリティでは守れない!
  3. 埼玉県令和2年アルファード 盗難
  4. 東京都 R2年 WRX S4 盗難
  5. 大阪府 プリウス 盗難 和泉 334 と 3131 
  6. 多くのお問い合わせをいただいた「一番安心出来る盗難対策」について
  7. 警察保管の車2度盗まれる 栃木と茨城、男3人逮捕へ
  8. 茨城県 H27 ヴェルファイア・ハイブリット車 盗難
  9. 2020年1月14日埼玉県でのS15シルビア盗難について
  10. 郡山で車上狙い…一晩で15件 「ガラス割られバッグ盗まれた…
閉じる

自動車盗難情報局

大変動「車上荒らし被害品ランキング」第1位は?<ラジオライフ.com>

毎年、損害保険会社が自動車盗難や車上荒らしに関して、各種データの最新ランキングを発表します。その最新版では、車上荒らしに狙われる被害品のランキングに大変動が発生しました。

車上荒らしに遭いやすい車種とあわせて、車上荒らしに盗まれやすいモノを確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

・車上荒らしに狙われやすい高額製品

損害保険各社が加盟する日本損害保険協会が毎年発表しているのが「自動車盗難事故実態調査結果」です。

これは、毎年11月の1ヶ月間で損害保険各社から車両保険が支払われた件数をカウントするもの。その最新版を見ていきます。

 

忘れてはいけないのが、この調査はあくまで車両保険が支払われた件数。実際に車上荒らしが行われた件数とは異なります。

とくに、被害が少額な場合は車両保険を使うと翌年の保険料が上がるので、ほぼ含まれていないと考えてよいでしょう。

 

逆にいえば、保険金の支払申請をするほど高額の被害に遭った件数ということ。このため、調査結果から「車上荒らしで高額被害に遭いやすい車種」「車上荒らしに狙われやすい高額製品」が分かるのです。

 

 

 

・車上荒らしの被害品ランキング1位

まず、車上荒らしに遭いやすい車種を見ていくと第1位はトヨタ・プリウスで、2016年から3年連続でトップ。2位以下はハイエース、トヨタ・ヴォクシーと続き、メルセデスベンツとレクサスが同数の4位に入りました。ここまでの上位5車種で、全支払件数の約4分の1ほどを占めています。

そして、車上荒らしの被害品ランキング1位となったのが「外装部品」。バンパーやドアミラーなどを勝手に外して持っていくパターンです。

2位がスポーツ用品、

3位がバッグ類と、ここまでは転売しやすそうなものが続きます。そして4位が盗んですぐ使える「金銭・カード」です。

 

2017年の調査ではトップだったカーナビは5位と大幅にランクを下げました。また、タイヤ・ホイールは順位自体は昨年と同じ6位なものの、保険金支払件数を大幅に減らしています。

<ラジオライフ.com>

 

 

 

 

関連記事

  1. 広域窃盗グループ摘発、被害総額は約5億円 TBS系(JNN)

  2. 窃盗団

    茨城県乗用自動車盗の発生!(茨城県警察本部)

  3. ロマン実現!?盗難防止にも 賃貸ガレージハウスに潜入(ヤフーニュ…

  4. 車上荒らしで顧客の個人情報8名分が含まれる鞄が盗難被害に(ヨシコ…

  5. タイヤ3500万窃盗事件捜査終了、容疑者を追送検(日刊スポーツ)…

  6. 狙われるスマートキー 特殊ソフトで複製、高級車盗難 複製ソフト、…

おすすめ記事

  1. 皆様のご協力により犯人逮捕となりました(千葉県 32GTR)
  2. 皆様のご協力により発見されました(茨城県 Bb )
  3. 皆様のご協力により発見されました(兵庫県 クラウン 盗難)
  4. 皆様のご協力により発見されました(山形県エスティマハイブリッド)
  5. 皆様のご協力により発見されました(大阪府 シビックフェリオ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る