menu
閉じる
  1. 皆様のご協力により発見されました(インプレッサGC8 ver2)
  2. 皆様のご協力により発見されました (神奈川県 プリウスα)
  3. 皆様のご協力により発見されました(神奈川県 ニチガスのトラック)
  4. 皆様のご協力により発見されました (大阪府ピンクシルバーのRX-7 )…
  5. 海外サイトにてパーツを発見!(埼玉県 EK9シビックタイプR )
  6. 皆様のご協力で発見されました (茨城県 ハイエース)
  7. 6月4日に掲載させていただきましたインプレッサ発見!
  8. 皆様のご協力で犯人逮捕となりました(大阪府 スカイラインGT-R BN…
  9. 皆様のご協力により発見されました(岐阜県 エルグランド)
  10. 皆様のご協力で発見されたようです!(千葉県 BCNR33)
閉じる
閉じる
  1. 大阪市 LS460 平成27年 白Fスポーツ 盗難
  2. 東京都 H25 IS300h versionL 盗難
  3. 皆様のご協力により発見されました(岐阜県 エルグランド)
  4. 皆様のご協力により発見されました(茨城県 BNR32 スカイライン G…
  5. 北海道 H21 パッソ白 苫小牧ナンバー
  6. 長野県 令和三年 ジョンディア盗難
  7. 神奈川県 ミニクーパー 盗難
  8. 茨城県 H 30年 ヴェルファイア盗難
  9. 愛知県 H17年式 インプレッサWRXSTI 盗難
  10. なにわ H11 スバル BE5 黒色 盗難
閉じる

自動車盗難情報局

HOME 下野新聞「SOON」ニュース 社会 スマートキーの電波悪用 「リレーアタック」自動車盗、栃木県内でも発生

鍵を差し込まずにドアの解錠やエンジンを始動できる電子キー(スマートキー)の電波を悪用した「リレーアタック」の可能性がある自動車盗被害が県内でも発生していることが5日、県警生活安全企画課への取材で分かった。

 

スポンサードリンク

 

昨年1年間に被害に遭った高級車のランドクルーザーやレクサス計60台の大半がリレーアタックによる犯行とみられる。キーの電波が漏れないようにすることで被害を防止できるため、同課は「電波の漏出を防ぐ専用のケースや金属製の缶などに電子キーを保管してほしい」と呼び掛けている。

同課によると、電子キーは車側から出る微弱な電波を認識すると、キーが車側にセキュリティー情報を送信、車側と照合すればドアの解錠やエンジンが始動する仕組みだ。通常、電波が届く範囲は車側が約1メートル、キー側は約10メートルのため、車から数メートル離れるとドアの解錠などはできない。

しかし犯行グループは特殊な機器を使って車やスマートキーから発する微弱電波を中継。キーが車の近くにあると認識させることで、わずか数秒でドアの解錠とエンジンの始動が可能となる。電波を中継することから「リレーアタック」と呼ばれている。





同課によると、県内で昨年1年間に発生した乗用車の自動車盗は小山市、宇都宮市を中心に188台(暫定値)。うち、ランドクルーザーとレクサスの大半が電子キーを使う年式の新しい車種だった。駐車場が一般住宅の敷地内で、物音に気付かなかったケースが多かったことから「リレーアタック」の可能性が高いという。

最新型のプリウスやクラウンも被害に遭っており、同課は「『セキュリティーが最新だから安全』と油断しないで防犯対策をしてほしい」と強調。さらに「センサーライトの設置なども有効」としている。

 

自動者盗難情報局でもオリジナルスマートキーポーチを販売しております。

今なら「オリジナルWARNINGステッカー付き」でお買い得!興味をお持ちいただいた方はこちらからお願いします。





関連記事

  1. “エンジン始動”も可能に…車の盗難防止装置解除する『キープログラ…

  2. 盗難ナンバーの車から外国人風の男2人逃走(テレ朝ニュース)

  3. 車盗んだ疑いで男3人再逮捕 被害総額8000万円か (テレビ神奈…

  4. 車上狙いをカメラが目撃 意外に多い無施錠の落とし穴 多発する車の…

  5. 狙われるスマートキー 特殊ソフトで複製、高級車盗難 複製ソフト、…

  6. スズキ「ジムニー」盗難多発 湖西、1~7月に6件 (静岡新聞)

おすすめ記事

  1. 皆様のご協力により発見されました(岐阜県 エルグランド)
  2. 皆様のご協力により発見されました(茨城県 BNR32 スカイライン GT-R)
  3. 皆様のご協力により発見されました(東京都 トヨタチェイサー)
  4. 皆様のご協力により発見されました(岐阜県 クラウンハイブリッド)
  5. 皆様のご協力により発見されました(大阪府 シビックタイプR ek9)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る