menu
閉じる
  1. 犯人逮捕のご連絡をいただきました(千葉県 80スープラ SZ-R )…
  2. 返却されました(千葉県 松戸・柏周辺 BMW325ツーリングワゴン白 …
  3. ランドクルーザープラド発見されました
  4. 皆様のご協力で発見されました (大阪府 ランサーエボリューション3)
  5. 皆様のご協力で発見されました (千葉県 MR2GT-S)
  6. 34GT-R 発見されるが…
  7. 皆様のご協力で発見されました (奈良県 デリカスターワゴン)
  8. 皆様のご協力により発見されました(大阪府 BMW320iツーリング)
  9. こちらのGDBもエンジン見つかりました(栃木県 インプレッサWRX S…
  10. 皆様のご協力により犯人逮捕となりました(千葉県 32GTR)
閉じる
閉じる
  1. 茨城県スカイラインGTR32 盗難
  2. 東京都町田市 R1年式 トヨタ タンク 盗難
  3. 埼玉県 熊谷スポーツ公園 駐車場 H25式 白色 レクサスLS(セダン…
  4. 神奈川県 セルシオ 放置車両
  5. 茨城県 H29 ハリアー ハイブリッド 白
  6. 茨城県 NBOXカスタム 盗難
  7. 皆様のご協力により発見されました (BMW 523I)
  8. 大阪府 プリウスzvw50 前期 盗難
  9. 茨城県 RX-7FD 盗難
  10. 東京都多摩市にて窃盗団の活動兆候有り!
閉じる

自動車盗難情報局

【クルマ盗難】トヨタ・ランドクルーザー/レクサスLS、なぜ盗難「率」が高い? SNS投稿も注意(AUTO CAR JAPAN)

ランクル/ハイエース 盗難台数が多い

ここのところ、クルマ好きの間で再び注目度が上がってきている自動車盗難。

特に国産スポーツカーは、エンジンなど部品単体としての需要が海外で高いことも相まって、盗難後に見るも無残な姿となって海外で発見される事例があり、怒りの声が挙がっているのだ。 しかし、盗難される台数で考えると、やはり高い数字となっているのはランドクルーザーハイエースなどの車両そのものの人気が高いモデルとなっている。それが盗難されるケースは後を絶たないというのが残念ながら事実となっている。 実際、自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチームである「STOP THE 自動車盗難」のサイトのデータを見ると、2019年中に置ける盗難台数が多い車種は、上位からプリウス、ランドクルーザー、ハイエース(レジアスを含む)、レクサスLS、アルファードという順番になっている。 このデータで注目したいのが、盗難率だ。 これは車種別の盗難台数を保有台数で除し、1000を乗じた数字なのだが、プリウス、ハイエース、アルファードが0.4という数字となっているのに対し、ランドクルーザーは2.7、レクサスLSは3.1と7~8倍近い数値となっているのである。 果たしてこの数字が意味するものとは何なのだろうか?

スポンサードリンク

絶対数が多くないが狙われやすい車種

レクサスLS

一日中クルマに乗っていると、間違いなく複数台見かけることになるプリウスやハイエース。 場合によっては十台以上すれ違うことも珍しいことではない、というくらい街中に溢れている車種と言っても過言ではないだろう。 一方、ランドクルーザーやレクサスLSは、たまに見かけることはあってもそう頻繁にすれ違うこともない車種と言えるが、それもそのはず2019年の販売台数ではプリウスが12万5587台なのに対し、ランドクルーザーは2万8475台と4分の1以下の台数となっているのである。 今回のデータに含まれるモデルは現行モデルだけとは限らないので、この数値がそのまま当てはまるわけではないが、そこまで販売台数に差があるにもかかわらず、同じくらい盗難されているということで非常に高い盗難率となっているというワケだ。 以前、別件でお邪魔した自動車セキュリティ専門店のスタッフも話していたが、ハイエースなどは台数が多いため行き当たりばったりの犯行が多く未遂となることも少なくないが、ランドクルーザーなどは念入りな下見をした後に盗めると判断したタイミングで犯行に及ぶため、実行に移されないような対策が必要とのこと。

それではわれわれができる対策はどういったものがあるのだろうか?

ご当地ナンバー/SNSにも要注意

自動車盗難の駐車場所別認知件数の推移。

自動車窃盗犯は常にターゲットとなる車両を探している。特に組織的に活動している者たちであれば、なおさらだ。 一昔前では、週末のショッピングモールなどクルマが多く集まるところに出向いて目ぼしい車両を見つけると、ナンバープレートの情報をメモして陸運支局で登録事項等証明書を取得。 そこに記載された登録地を元に犯行に及ぶ、というケースがあったが、現在では第三者が登録事項等証明書を取得するためのハードルが非常に高まったため、この方法はほとんど使えなくなっている。 とはいえ、ナンバープレートの地名を見ればその車両がどのあたりの地域で登録されているかは判別できてしまう。特に最近はご当地ナンバープレートも増え、より範囲が狭まっていると言える。 そのため、SNSなどで迂闊に自宅駐車場の写真などをアップするのも危険と言えるかもしれない。 なにせSNSにアップされたアイドルの瞳に映り込んだ風景を元に自宅を特定した、という事件があったほどなので、周囲の情報が分かる写真は控えた方がよさそうだ。 これは何もランドクルーザーレクサスLSに限ったことではなく、冒頭の国産スポーツカーでも同じこと。 特に特徴的なカスタマイズが施されている車両などは特定もされやすいので、「納車されました投稿」が窃盗団をおびき寄せるエサとなってしまう可能性も念頭入れておきたいところである。(AUTO CAR JAPAN)




関連記事

  1. 2人ひき逃げ、殺人罪で起訴 はねる前に加速―福島地検支部

  2. 連続窃盗犯が逃亡手段に高級車「レクサス」を使った理由 (日刊ゲン…

  3. 委託先業者が車上荒らし被害、顧客リスト53件などが流出か (中部…

  4. 品薄が続く中で車の窓ガラスが割られ…マスク20枚がなくなる 窃盗…

  5. 逮捕時も駐車場で別の車覗き込む…トラックから現金や鞄等盗んだ容疑…

  6. 対策かいくぐり盗難被害 クレーン車や高所作業車(中日新聞)

おすすめ記事

  1. 皆様のご協力により発見されました (BMW 523I)
  2. 皆様のご協力により発見されました (栃木県 カローラスパシオ)
  3. 皆様のご協力により発見されました(大阪府 BMW320iツーリング)
  4. 犯人逮捕のご連絡をいただきました(千葉県 80スープラ SZ-R )
  5. 皆様のご協力により発見されました(埼玉県 セレナ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る