menu
閉じる
  1. 皆様のご協力で発見されました (静岡県 h10年 ステージア 260R…
  2. 皆様のご協力で発見されました (埼玉県 BE5レガシィ)
  3. こちらのインプレッサも発見です(埼玉県 GDBインプレッサ)
  4. 皆様のご協力により発見されました(愛知 GDBインプレッサ)
  5. 皆様のご協力で発見されました (神奈川県 スカイラインGT-R BNR…
  6. 皆様のご協力により発見されました(岐阜県 クラウンハイブリッド)
  7. 皆様のご協力で発見されました (千葉県 インプレッサ GC8)
  8. 皆様のご協力により発見されました(茨城県 スカイラインGT-R BNR…
  9. Twitterでは拡散しておりました レクサス CT F 白 発見
  10. 返却されました(千葉県 松戸・柏周辺 BMW325ツーリングワゴン白 …
閉じる
閉じる
  1. 千葉県H19 ボルボV70 クラッシック シルバー 盗難
  2. 茨城県 つくば市 クラウン 盗難
  3. 栃木県 ランドクルーザープラド 盗難
  4. 滋賀県長浜市にて活動兆候有り!
  5. 東京都江戸川区で窃盗団の活動兆候有り!
  6. 埼玉県 春日部市 30プリウス
  7. 千葉県山武市にて窃盗団の活動兆候有り!
  8. 茨城県 H27 クラウンアスリートS 盗難被害
  9. 埼玉県 H14年 レガシィツーリングワゴン 青色 盗難
  10. 茨城県 ハイエース 盗難
閉じる

自動車盗難情報局

自動車盗難で狙われるハイエースはどこへ行く?(ラジオライフ.com)

自動車の盗難と聞くと、高級車や人気車がターゲットと思いがち。しかし、自動車盗難ランキングで常に上位に入っているのがトヨタの「ハイエース」です。いったい盗まれたハイエースはどこへ行くのでしょうか? 自動車盗難に遭いやすい車種ランキングとハイエース盗難の実態について見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

自動車盗難でハイエースは常に上位

日本損害保険協会の発表による2017年に最も自動車盗難に遭った車種は、第1位がトヨタの「プリウス」、第2位がトヨタの「ランドクルーザー」。どちらも日本だけでなく海外でも人気の車種となっています。そして、第3位に入っているのがトヨタの「ハイエース」なのです。

実はハイエース、2014年から2016年まで3年連続で第2位でした。それ以前もプリウスが1位の座につくまでの2007から2013年まで、なんとハイエースが7年連続で自動車盗難ランキング第1位。ハイエースは常に上位に入っています。

なぜこんなにハイエースが自動車盗難でターゲットになっているかというと、その要因は需要があります。ハイエースは中古市場でも価格が落ちにくい人気車種なのです。





 

自動車盗難のハイエースで部品取り

ハイエースは特に海外では絶大な人気があるため、窃盗団による自動車盗難によって途上国に輸出される事件が後を絶ちません。このため、ハイエースがセキュリティシステムを強化してもその度に破られるという、いたちごっこが続いています。

かつては盗難車がヤードで解体され、コンテナで海外に運ばれるケースが多かったといいます。具体的には、自動車盗難したハイエースをコンパクトに切断。3台分程度のハイエースがコンテナに入れられ海外へ送られていました。

また、ハイエースは部品取り用としても高価で取引されています。このため、時間と手間をかけずとも貿易業者などが高く買ってくれます。もちろん書類など必要ありません。さらに最近では、国内の中古車屋に自動車盗難のハイエースが出回っているケースも確認されています。(ラジオライフ.com)





関連記事

  1. 【悪質】車上荒らし繰り返し生活か、53歳男逮捕!「ほぼ毎日のよう…

  2. 高級車の電子キー解錠機器を販売、窃盗ほう助疑いで業者を摘発 産経…

  3. カーシェアリングの車を無断で売却か 大阪市内で被害が相次ぐ

  4. 「車上荒らし」福島県北地方29件 組織的窃盗か?110番通報相次…

  5. 2人ひき逃げ、殺人罪で起訴 はねる前に加速―福島地検支部

  6. 自動車盗、減少続く 59年ぶり1万件割れの見込み(日本経済新聞)…

おすすめ記事

  1. 皆様のご協力により発見されました(大阪府SUBARU インプレッサWRX TA-GDA )
  2. 皆様のご協力により発見されました(神奈川県 VOXY)
  3. 皆様のご協力により発見されました(愛知 GDBインプレッサ)
  4. 皆様のご協力により発見されました(岐阜県 エルグランド)
  5. 皆様のご協力により発見されました(茨城県 BNR32 スカイライン GT-R)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る