menu
閉じる
  1. 皆様のご協力により発見されました (神奈川県 インプレッサスポーツワゴ…
  2. 皆様のご協力により発見されました (岩手県 ミライース)
  3. 7月23日に掲載させていただきましたレガシィツーリングワゴン発見されま…
  4. 皆様のご協力により発見されました(東京都 トヨタチェイサー)
  5. 和歌山県 シビック EG6 発見(追加情報)
  6. 2017年7月9日に掲載いたしました、33GT-Rが発見されました。
  7. クラウン発見されました
  8. 皆様のご協力により発見されました (BMW 523I)
  9. 皆様のご協力により発見されました(茨城県 エルフ積載車)
  10. 皆様のお陰で、昨日盗難された32GT-Rの1台が見つかりました!
閉じる
閉じる
  1. 東京都八王子市にて窃盗団の活動兆候あり
  2. 宮城県仙台市にて窃盗団の活動兆候あり
  3. 静岡県静岡市 ダンプカー 三菱ふそう 盗難
  4. 茨城県下妻市 レガシィBE5 WRブルー 盗難
  5. 横浜 GT-R(R35) 盗難
  6. 兵庫県姫路市広畑区 H24 アクア グレー 盗難
  7. 茨城県 S2000 盗難
  8. 群馬県 ランクル200 盗難
  9. クレーン付き積載車盗難
  10. 東京都江戸川区にて窃盗団の活動兆候あり
閉じる

自動車盗難情報局

自動車盗、減少続く 59年ぶり1万件割れの見込み(日本経済新聞)

自動車盗の被害が減少を続けている。警察庁によると、今年1~9月に全国の警察が認知した被害は昨年同期より1101件少ない6641件(暫定値)で、今年は59年ぶりに年間1万件を下回る見込みだ。盗難防止装置の普及など官民による対策の効果とみられ、警察は今後も取り締まりを進める。

 

スポンサードリンク






 

認知件数が減少する一方、海外では鍵を差し込まずにドアのロックを解除し、エンジンをかけることができる「スマートキー」の仕組みを悪用した被害が確認された。警察庁は国内で同様の手口による被害を把握していないが警戒している。

警察庁によると、自動車盗の被害はデータのある1954年以降、最少が56年の4019件。当時の自動車保有台数は現在と比べるとずっと少なく、その後、自動車の保有台数が急速に増えるとともに被害も増加。2000年には5万件を突破した。

政府は01年、関係省庁や民間の関連団体などと合同プロジェクトチームを設置し、官民が協力して対策を推進。電子的な照合でエンジンをかける「イモビライザー」を装着した車種が増え、不正輸出対策として港でエックス線検査装置の配備も広がった。

その結果、被害は03年の6万4223件をピークに減少傾向に転じ、06年に3万件台、08年に2万件台、14年に1万件台となり、同年からは4年連続減となっている。

昨年1年間の分析データを見ると、被害の4分の1は、エンジンを始動させるイグニッションスイッチに鍵が差し込まれたままなど、運転席周辺に鍵が放置されていたケースだった。また半数近くが月決めやコインパーキングといった駐車場で被害に遭っていた。

手口としては、工具でドアを解錠したり、ガラスを割ったりして盗むほか、けん引車で車ごと持ち去ることがある。「ヤード」と呼ばれる施設に盗難車を持ち込んで解体し、海外に不正輸出するグループも存在する。〔日本経済新聞〕

 

未だに沢山の盗難情報が報告されて来ますが、これでも非常に減少しているんです。

私共は「意外と知られていない自動車盗難の実際」をみなさまに知っていただき、危機感を持ち有効な対策を考えていただけるよう情報発信を続けて参ります。

引き続きご協力よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 窃盗団

    11月25日 茨城県貨物自動車盗難の発生!(茨城県警察本部)

  2. 車のカギどこ…がなくなる! 指紋認証でドアロック解除からエンジン…

  3. 墓参り中の車上狙いが多発

  4. 逮捕時も駐車場で別の車覗き込む…トラックから現金や鞄等盗んだ容疑…

  5. 時価約2.5億円のフェラーリ、試乗中に盗難 ドイツ AFP

  6. 盗難されやすい車ワースト14【2018年発表最新版】(ALL A…

おすすめ記事

  1. 皆様のご協力により発見されました (福島県 プラド 盗難)
  2. 皆様のご協力により発見されました (埼玉県 カムロード キャンピングカー)
  3. 愛知県 刈谷市 スープラ盗難未遂
  4. 皆様のご協力により発見されました(大阪府SUBARU インプレッサWRX TA-GDA )
  5. 皆様のご協力により発見されました(神奈川県 VOXY)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る