menu
閉じる
  1. こちらも海外にありました (埼玉県 インテグラ タイプR)
  2. 皆様のご協力で発見されました(千葉県 GDAインプレッサ)
  3. 皆様のご協力により発見されました(群馬県 シルビアs15)
  4. 皆様のご協力により発見されました(群馬県 トヨタ・サクシード)
  5. 皆様のご協力で発見されました (神奈川県 アクア X-アーバン)
  6. 皆様のご協力により発見されました(東京都 プリウス)
  7. 皆様のご協力により発見されました(熊本県 セリカST202 コンバーチ…
  8. 皆様のご協力で発見されました (埼玉県 日産GT-R R35)
  9. 皆様のご協力で発見されました (神奈川県 スカイラインGT-R BNR…
  10. 皆様のご協力で発見されました(千葉県 S15 シルビア)
閉じる
閉じる
  1. 皆様のご協力により発見されました (BMW 523I)
  2. 大阪府 プリウスzvw50 前期 盗難
  3. 茨城県 RX-7FD 盗難
  4. 東京都多摩市にて窃盗団の活動兆候有り!
  5. 群馬県桐生市にて窃盗団の活動兆候有り!
  6. 愛知県豊明市にて窃盗団の活動兆候有り!
  7. 大阪府河内長野市にて窃盗団の活動兆候有り!
  8. 長野県上田市にて窃盗団の活動兆候有り!
  9. 皆様のご協力により発見されました (栃木県 カローラスパシオ)
  10. 神奈川県 レクサスLS 盗難
閉じる

自動車盗難情報局

自動車盗難手口と対策

自動車盗難の手口

車内への侵入

●ハンマー等で車のガラスを破壊し侵入

●キーシリンダーを破壊し侵入

●窓ガラスに隙間を作り、その間から針金等を差し込んでドアを解錠

●家に侵入し車のキーを盗み侵入

●車体にマグネット等で隠しているスペアキーを探し出し侵入

●鍵を預かる施設に車の使用者になりすまし鍵を受け取り侵入

●スマートキーなどの弱点を付き「リレーアタック」で解錠

車両の移動

●キーシリンダーやステアリングロックを破壊しエンジン始動

●「イモビカッター」や「キープログラマー」等を使いエンジン始動

●「リレーアタック」でエンジン始動

●レッカーや牽引車、積載車などに引き釣り上げ移動

スポンサードリンク

昨今騒がれていて、誰もが驚く盗難方法が「リレーアタック」です。

最新の「スマートキー」でも簡単に盗まれてしまいます。

昔から言われておりますが「イタチごっこ」です。

自動車メーカーが新しい対策を施しても半年後には解除されてしまう。

こんな流れのように感じます。

盗難防止対策

「確実な施錠」や「イモビライザーの装着」などと言われておりますが、盗難の多い車種には無意味です。

有効な対策

●しっかりしたカーセキュリティーの取り付け

社外のカーセキュリティと聞くと「ピーピーピーピー煩く迷惑な物」と言うイメージが未だに強く残っています。

勿論そう言った物もまだまだ多く有ります。

台風の時には上記の様な「カーセキュリティの誤報がうるさい」などのSNSの書き込みも多く見られます。

かと言って「カーセキュリティをOFFにして欲しい」の様に解除してしまったら盗難のリスクは非常に高くなってしまいます。

まさに台風の時などは窃盗団の活動は活発になります。何故なら雨や風の音で窃盗時の作業音が消される、雨戸を閉める家も多いでしょうし外出する方も少ないですから

自動車盗難にはまたとないチャンスになります。

なので、「誤報しないカーセキュリティの装着」が一番重要なポイントになります。

自動車盗難情報局としましては国産の「Grgo」「Panthera」を強くお勧めしております!

何故ならこちら2種のカーセキュリティは取り付けるお店にもよりますが、「誤報無し」を実現できるからです!

台風だろうと地震だろうと、何処でも安心してセット出来るカーセキュリティをお選び下さい。

中途半端な物であれば取り付けない方が良いです。

誤報などで近所迷惑になったり、自分が恥をかいたり、折角取り付けたにも関わらず盗難されたり・・・

カーセキュリティーはダメだ!と使わなくなります。




●タイヤロックやハンドルロックなどの物理的ロックを使用

盗難を防止出来るとは言い切れませんが抑止効果には十分です。

防犯を意識していると思わせることも大事。

1つでは効果がない物も組み合わせて使うことにより時間稼ぎになります。

自分が動かすにも面倒なくらいにしておけば窃盗団も手を出し辛いです。

しっかりしたカーセキュリティと組み合わせれば更に安心出来るでしょう。

●防犯設備が充実した駐車場を利用

キチンと管理され防犯カメラや照明等の防犯設備が充実した駐車場を利用しましょう。

と書いてみましたが、昨今は防犯カメラに映ろうとも堂々と作業をして車を持って行ってしまいます。

やはり車側での対策が重要でしょう!

 

まだまだ伝えきれません!

本気で自動車盗難対策をお考えの方は自動車盗難情報局までお問い合わせ下さい。

問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

ページ上部へ戻る